6月のエコライフDAY実施

6月の環境月間の14日(日)に第20回の「エコライフDAYとだ」が実施されました。

6eco1

今週は各学校や企業で実施されたチェックシートを各委員が訪問して回収。戸田市ボランティア・市民活動支援センター(通称TOMATO)で集計作業に入ります。

お時間があり、お手すきの委員、あるいは初参加の一般市民の皆様もぜひご参加、ご協力ください。TOMATOの開設時間は午前9時~夜の7時くらいまでです。実行委員会は午前中から夕方4時くらいまでそこで集計作業をしています。ボランティア大歓迎ですので、どんなものか覗くだけでも結構ですので、ぜひ、おいでください。お待ちしています。

「エコライフDAYとだ」の高校や小中学校での参加率が高いのは、チェックシートは埼玉県共通のを使いますが、実施日前に各クラスごとに袋詰めし、訪問して配布を依頼。2週間後に再度訪問しての回収をするというきめ細やかな実施を支援しているからです。

6eco2 さらに、小学校では実施した児童に感謝の気持ちとして地域通貨10オールをエコマネーとして配布。それを持っていると年に数回、放課後に手作り玩具などと交換が出来るというシステムにしているからです。子供たちはこのおもちゃ交換会を楽しみにしており、その交換会を催す高齢者のボランティア、実行委員会の大人たちもこの子供たちとの出会い、ふれあいを楽しみにしています。お近くの学校の交換会にもぜひご参加ください。お手伝いしてくださるボランティアを募集しています。

写真は上が学校を訪問する実行委員会メンバー。下がチェックシートを確認して、その枚数分のエコマネー(地域通貨)と保護者への礼状を配布しているメンバーの様子です。

実行委員会では、こうした配布準備や回収の自家用車の提供、運転ボランティア、訪問ボランティア、交換会の手作り玩具の制作ボランティア、集計やパソコン入力、報告書編集や作成などのボランティア、ご家庭で不要になったお人形や玩具などの提供など、様々なボランティアを募集しています。以前はキャンドルナイトのキャンドル準備や当日の点灯なども行っていましたが、今では分業も出来ていますが、何しろメンバーの高齢化もありますので、ぜひ、若い市民の皆様のお力をお貸しください。

6eco 最後の写真は、福祉で防災ネットワークの清水さんが、氷川神社の境内、参道に植栽した花壇です。温暖化防止の一助になればと緑化や内水など、近所でできる活動もまた、ぜひ、皆様にご協力をお願いします。

こうした各学校やご近所での情報もお知らせください。10月の環境フェアにもぜひご参加ください。

ブログ発信やサイト運営のできるボランティアも募集中です。