アースディ東京参加ツアーの企画

皆さんはアースディって知っていますか?edt14_banner

今年の「アースディ東京」が4月19日(土)・20日(日)に代々木公園で開かれます。3年前の震災で集まったランドセルが、被災地では使われなくなったため、インド領のチベット、ラダックという地域の小中学校の子ども達に寄贈されました。その縁で、ジュレー・ラダックというラダック人が代表してのNPO法人を支援しています。今回、その団体のボランティアも募集しています。戸田の子ども達の見学ツアーも企画したいと思いますので、ご関心のあります方はお知らせください。(事務局)

今回、そのアースディ東京に一緒に遊びに行きませんか?まずはアースディの説明をしましょう。次はアースディ東京のサイトからの説明です。

アースデイとは?

1970年4月22日にアースデイは誕生しました。 1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”であると宣言、アースデイが誕生しました。学生運動・市民運動がさかんなこ の時代に、アースデイを通して環境のかかえる問題に対して人々に関心をもってもらおうと、それは当時全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏による、 全米への呼びかけへとつながりました。そうして、1970年の最初のアースデイは、延べ2000万人以上の人びとが何らかの形で、地球への関心を表現する アメリカ史上最大のユニークで多彩なイベントとなりました。

やってみた日、それがあなたのアースデイ 環境問題は、人と生物、地球、人と人のコミュニケーション問題ともいえます。そして私たちはだれも、この地球と100%関わり、家族や友人との間柄にも似た不可分の関係を持っています。だからアースデイは、私たち一人ひとりのものなのです。 アースデイには、代表も規則もありません。民族・国籍・信条・政党・宗派をこえて、だれもが自由にその人の方法で、地球環境を守る意思表示をする国際連 帯行動です。すべての人が、同じ輪の上で自由に起こせる、世界初でおそらく唯一のアクションがアースデイです。あなたもぜひ、自分と地球とそこに住むたく さんの生命との対話、アースデイ・アクションを起こしてください。そして、その活動を互いに知らせあい、大きな輪をつくりましょう。

http://www.earthday-tokyo.org/

毎年、2日間で10万人が来場する、日本最大級の市民による地球フェスティバル。 それがアースデイ東京です。

今年2014年も4月19日(土)、20日(日)の2日間、代々木公園をメイン会場に『アースデイ東京2014』開催します。今年は様々な社会的課題に取り組む54企画(+別日程8企画)がそろい、他に80を越えるNPO・NGO団体、30を越える協賛企業ブースが出展します。 特に今年の新たな取り組みとして、各団体が取り組んでいる社会テーマを6つのグループに分けてゾーニング。会場に訪れる来場者が興味ある活動によりアクセスしやすくなりました。 さらにオフィシャルフードエリア『アースデイキッチン』には、35店舗が集まり、「農家の見えるアースデイキッチン」をテーマに、生産者とダイレクトにつながることによって、安心、安全、旬のこだわりの美味しいメニューがそろいました! その結果、アースデイ東京2014は、アースデイ東京史上、最大規模を誇る、400を越える出店ブース数となりました!

アースデイ東京2014開催概要

【開催日程】2014年4月19日(土)、20日(日) 両日共10:00スタート!

【メイン会場】代々木公園ほか ※入場無料・雨天決行

【アースデイ東京2014キャッチコピー】 この地球(ほし)の声に耳をすまそう。

【アースデイ東京2014コンセプト】 私たちアースデイ東京2014実行委員は この地球(ほし)に棲む声なき生命のささやきに耳を傾け、 まだ見ぬ未来の子どもたちの笑顔を願い、 この時代に生きる私たちがするべきことを、 様々なプログラムを通じて具体的に提案します。

【主催】 アースデイ東京2014実行委員会

【実行委員長】 C.W.ニコル

新しいブログ開設!

今までのブログに加えて、このサイトにくっついた形の新しいブログができました。
どちらかというとこのブログは事務局からの情報発信で、今までのブログは実行委員や市民の皆さんが自由に情報発信できるものにしたいと思っていますが、まだ確定ではありませんのでご意見をいただければと思います。

090607_1404

前のブログは、委員にはパスワードをお教えしますので、実行委員の皆さんにはぜひ活用していただければと思います。

以前のブログはここからリンクしています。

http://blog.ecolifeday-toda.info/